動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の上半身・胸郭

その歩行は一体どの影響なのか?

【上半身の重りのせいか、足部か?】

 

 

 

歩行をみて、アプローチができるようになってきた。

 

 

学んだ知識を活かして、狙いを定め、その通りにやってみた、

 

確かに自分が見えているその部位は変化している。

 

 

先生、次の日も変化出ていますか?

 

そして、患者さんがわかるぐらいの変化出せていますか?

 

今日はそんなお話です。

 

 

足部からの影響は、下腿に回旋を引き起こし、膝関節にねじれをもたらし、大腿骨・骨盤まで影響を与える。

 

これは紛れもない事実です。

 

歩くときに右肩の下がりが気になる。肩のこの下がりのせいで。右足に負担がかかる。

 

これも間違いなく事実でしょう。

 

上半身の重り、上半身質量中心は、歩いていて例えば右足のMSt時に右の支持基底面上にちゃんとのってくるのか、それとも乗ってこないのか。乗ってこないと、逆足に対して加速していくような動きになるため、その衝撃は左足に何をもたらすのか。

 

足部の動きが無い。例えば、ST関節の回内は距骨を内旋させ、下腿も内旋させる。そうなると下腿は前傾しやすく膝は屈曲しやすい。屈曲しやすいという事は上に載っている大腿骨は、脛骨に対して前方へ滑るように動く。

 

追記:例えば、上記の文章で下腿に対して大腿骨が滑っていく動き、ようは膝の屈曲ですが、このさらに上は、どうなっていくのかはその人によって全く違ってくるということをイメージできていないといけません。その大腿骨に対して、骨盤が前傾してくれば股関節屈曲位だし、そのまま後傾していれば股関節伸展位なわけです。でも、多くの方がそうやってつなげていく前に、勝手なイメージを頭に入れ、「こうなるであろう」で進んでいることがあると思います。

ここは、こうなって、その上はこうなって、だからこの人に必要なのはこれじゃなくて、こっちで。

と、しっかり目の前にある状態を把握していけば、こんなことは起きないわけです。

一つ一つクリアしていくことが、患者さんを一人一人救うことかなと考えます。

 

 

僕たちは学んだ知識をまずは使いたくなるものです。

 

そして、それがあたかも正解のように使いたくなるものです。

 

大切なのは、学んできた知識をもって、一番最善の方法を使う事です。

 

学んできた知識をまずは使う時点で、もう患者さんは見えていません。

 

患者さんの症状・既往歴など様々なことを聞いて、そしてそこから「評価」をしていき、

 

それらをつなぎ合わせ、症状に戻っていく。

 

患者さんの前では、どれを使う事が一番その方にとって一番近道で、喜ばれることなのかをしなければいけないという事です。

 

これが大切で、ここを学んだ知識をまずやるだけだと、痛みをとるという行為からちょっとはずれていきます。

 

次の日どうなったか、本当に患者さんのことを想ってアプローチするということを忘れずにやることは、どういうことか常にそれが大切かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の上半身・胸郭

立位評価と歩行評価の違い

【静的アライメントと動的アライメントは一致しない?】     骨盤の向きなど立位で評価をし…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【基礎】歩行分析「上半身」

【歩行分析の基礎 上半身を見る】     歩行分析の入り口として必要なポイントの3つ目が上…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

歩行分析が無くなる1年前に

【その骨盤矯正を活かすには】   歩行分析って、分析というなんだか硬い言葉がくっつくので急に難しいと…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

おすすめの歩行の診かた1

患者さんの歩きを診て、何か評価をしたい先生へ   「歩行とは・・・」と、多くの文献が多くの知識を教え…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

骨盤に対しての下位胸郭

【片脚立位と骨盤の関係】   片足立ちって、先生は何を診ていますか?   何秒立てるのか?…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

胸郭と歩行2

【胸郭の回旋は肩関節の痛みを出すこともある】   もし肩の痛みが歩行のしすぎでなるとしたら? &nb…

>詳しくみる
single-gaitanalysis