動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

治療の邪魔をする靴4(足部障害とランニングシューズの捉え方「トゥースプリング」)

さて、今回は足部障害とランニングシューズについて考えてみましょう。

 

治療を通して、独自に考えてきた捉え方をご紹介していきます。

 

 

まず、ランニングシューズを3つに分類します。

 

写真左から

①ランニングシューズ

②レーシングシューズ

③スパイク

そして、それぞれの特徴を考えていきます。

 

この特徴を理解すると、患者さんの症状に合わせ履く種類や履くタイミングを考えられるようになり、アスリートの治療をはじめ一般の方の治療にも役立ってきます。

 

それではまず、靴底に着目してみましょう。

 

 

靴の底は、ランニングシューズが一番厚く、続いてレーシングシューズ、そしてスパイクになると底材はかなり薄くなります。

 

 

 

 

ランニングシューズは底材が厚いだけではなく、横にも広くなっています。

 

厚く横にも広いので、衝撃を吸収しやすく安定性もある、というメリットがあります。

しかし、材料の重量分、靴自体が重くなったり、接地面積が大きい分、スピードを出すには向いていない、というデメリットも存在します。

 

このメリットとデメリットは、レーシングシューズになると、底材が薄くなるため少なくなってきます。さらに、スパイクになるとメリット、デメリットが逆転してきます。

 

 

さて、そんな靴底ですが、、、

 

細かい部分を、足部障害と照らし合わせながら考えていきましょう。

 

まずは、靴のつま先部分からみていきます。

靴のつま先は、ちょうどMP関節のあたりから上に向かって反りあがっているのが分かると思います。

 

この、地面からつま先までの高さを「トゥースプリング」と呼びます。

下の写真の赤い矢印の部分です。

 

 

左から順にこの高さが違うのがお分かりいただけると思います。

これを、トゥースプリングが「大きい」、「小さい」、と表現します。

 

一番左のランニングシューズが一番大きく、次にレーシングシューズ、スパイク、と続きます。

 

各メーカーや種類によって色々ですが、基本的にはこれに当てはまります。

 

このトゥースプリングは、歩行中のMStから特にTStのときに足部の前方への転がりを助けてくれます。

 

 

MStからTStのときには、MP関節が伸展します。

この伸展の動きに合わせ、トゥースプリングが大きくあればよりスムーズに足部が前方に移動しやすくなります。

 

 

それでは、MP関節が骨棘などで伸展制限がある場合は、トゥースプリングが大きい方がいいのか、小さい方がいいのか?

 

歩行時の足部「MP関節の滑りと転がりと」でお話ししたような状態です。

記事はこちら↓

MP関節と滑りと転がりと

 

 

答えはもちろん、大きい方がいいです。

これだけでも少し楽に歩いていただけるはずです。

(足を入れただけで、トゥースプリングの反り上がりのようにMP関節が無理に背屈することはありませんのでご安心ください。

 

 

つまり、“MP関節が伸展する代わりに靴底が転がってくれる”、ということです。

 

 

そして、TStの際、MP関節の伸展制限があれば、股関節の伸展動作にも影響がありますし、そこから骨盤の回旋にも影響を及ぼします。そんな影響も考えると、さらに広範囲の症状に対して考えられることも出てきます。

 

 

ここで一つ注意点が、、、

 

MP関節の骨棘などで痛みがある患者さん。履いている靴を見てみると、かなり大きめの靴を履いていることが、よ~くあります(特に男性)。

 

 

サイズが大きい靴を履いていると、MP関節からのトゥースプリングの位置が合わず、せっかくの靴の機能が台無しになってしまうどころか、スムーズな歩行を阻害し、かえって症状を悪化させてしまう可能性もあります。

 

せっかく、先生が一生懸命治療をして、患者さんも必死に通院してくれているのに、、、です。

 

 

なので、患者さんのブカブカシューズは要注意です。

(意外と紐をしっかり締めるだけでも楽になることもありますよ)

 

 

ということで、今回は靴底のつま先部分に着目してみました。

 

次回は、靴底の他の部分をお話ししていきます。

 

 

松本実生(まつもとじつお)【鍼灸師】
株式会社アーチ代表取締役
足と靴のGAIT代表

日本で唯一、靴を作れる鍼灸師。
現在は、足の痛みに特化した靴・インソールの専門店「GAIT」の代表も務める。
患者さんの痛みはどこから来ているのか?と疑問を抱いたときに、インソールと 出会い、その土台である靴の原因にも目を向け、靴のフィッテングはも ちろ ん、自身でオーダーメイドの靴も製作するようになる。
患者の足部形態、歩行動作を分析し、その方に合った靴をピンポイントで選択す る能力は業界でも随一。今まで行ってきたセラピストとしての知識とト レー ナーとしての豊富な経験を基に、一般の方からアスリートの競技用シューズまで 幅広く対応しその方に合った靴、インソールの提供、製作をしてい る。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

【初回足関節捻挫とアスリハにつ...

【初回足関節捻挫とアスリハについて】   今回は初回足関節捻挫とアスリハについてです。   まず最初…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行動作における足関節背屈制限...

【歩行動作における足関節背屈制限が与える影響について】   足関節背屈制限は臨床上目にすることが多いのではない…

>詳しくみる

歩行時の足部

成長期の踵の痛みと歩行について

【成長期の踵の痛みと歩行について】   治療やスポーツに携わっている先生なら一度は 成長期の踵痛に出会ったこと…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【重要なお知らせ】セミナーにつ...

【セミナーについて】   みなさんこんにちは。   セミナー事務局の髙木慎一と申します。 …

>詳しくみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる
内側縦アーチ 

歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】       内側縦アーチ。 &n…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のPSw(プレスイング)...

  【ランチョロスアミーゴ方式:PSw(プレスイング)】 PSw(プレスイング) 始まり・・・反対側…

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節と偏平足

【リスフラン関節から偏平足をつなげる】 みなさんが想像する偏平足。   こんな足じゃないでしょうか?…

>詳しくみる
single-gaitanalysis