動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

治療の邪魔をする靴7 (ラストの振り)

【ラストってご存知ですか?】

 

今日は、少し細かい部分になってしまいますが、お話させていただきます。

 

「ラストの振り」についてです。(ラストとは、靴を作るときに使う木型です)

 

まず、「ラストの振り」とは何か?ということですが。

 

下の写真をご覧ください。

 

 

こちらは普段、私たちが靴を作る際に使う木型の裏面(足底部分)です。

 

踵の真ん中から中足部の中心を通り、足趾のほうに抜けるように赤い線を引いてあります。

 

さらに、踵の真ん中から足趾部分の中心に抜けるラインに黄色い線を引いてあります。

 

この赤と黄色の線の差を「ラストの振り」呼び。

 

よく「ラストの振りが大きい」や「ラストの振りが小さい」などと表現されます。

 

ラストの振りが大きくなると下の靴のようなラインになり、靴底自体が少しバナナカーブを描いているような形になっているのが分かると思います。

 

 

これは、スピードを上げて走るためにこのような形をしているため、競技用シューズの多くに見られます。

 

しかし、スピードを上げるための競技用シューズ以外の靴にも見られることがあります。ウォーキングシューズや革靴、女性用のパンプスなど様々です。

 

ところが、ラストの振りが大きい靴はカーブしています。その形を足に照らし合わせて考えてみると、前足部が大きく内転している形になってしまいます。

 

下の写真は競技用シューズではない靴です。

 

 

これでは、歩行中、特にMstからTstにかけて、足部の前方移動する動きと靴の形状が合わなくなる恐れがあります。

 

足底接地から蹴り出しの動作をスムーズにさせ歩行を安定させたい場合は、ラストの振りが小さく、足の形状や歩行中の足の動きにフィットする靴をおすすめします。

 

フィットすれば、股関節の伸展相も大きくなり、歩行も少し変わると思います。

 

例えば、下の写真のようなウォーキングシューズ。

 

 

足部障害や足に痛みのある方には、こんな「ラストの振り」の靴をお勧めしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 
日本でもめずらしい、靴を作れる鍼灸師。
松本実生(まつもとじつお)【鍼灸師】
株式会社アーチ代表取締役
足と靴のGAIT代表

現在は、足の痛みに特化した靴・インソールの専門店「GAIT」の代表も務める。
患者さんの痛みはどこから来ているのか?と疑問を抱いたときに、インソールと 出会い、その土台である靴の原因にも目を向け、靴のフィッテングはも ちろ ん、自身でオーダーメイドの靴も製作するようになる。
患者の足部形態、歩行動作を分析し、その方に合った靴をピンポイントで選択す る能力は業界でも随一。今まで行ってきたセラピストとしての知識とト レー ナーとしての豊富な経験を基に、一般の方からアスリートの競技用シューズまで 幅広く対応しその方に合った靴、インソールの提供、製作をしてい る。

 

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

成長期の踵の痛みと歩行について

【成長期の踵の痛みと歩行について】   治療やスポーツに携わっている先生なら一度は 成長期の踵痛に出会ったこと…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【重要なお知らせ】セミナーにつ...

【セミナーについて】   みなさんこんにちは。   セミナー事務局の髙木慎一と申します。 …

>詳しくみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる
内側縦アーチ 

歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】       内側縦アーチ。 &n…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のPSw(プレスイング)...

  【ランチョロスアミーゴ方式:PSw(プレスイング)】 PSw(プレスイング) 始まり・・・反対側…

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節と偏平足

【リスフラン関節から偏平足をつなげる】 みなさんが想像する偏平足。   こんな足じゃないでしょうか?…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる
single-gaitanalysis