動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

足関節背屈制限の原因、ショパール関節

 

今回は、ショパール関節が原因で起こる足関節背屈制限について書いていきます。

 

足関節(距腿関節)背屈制限については、多くのセラピストが考えている事かと思います。

 

施術後は、背屈可動域が増加し患者様の痛みを取り除けるが、次回の施術時には、足関節の背屈可動域が元の状態に戻ってしまう。

 

今回の内容以外にも様々な原因はあるかと思います。

 

距腿関節、距骨下関節へのアプローチはいろいろと試したという方は、是非一読してみて下さい。

 

 

まず、距腿関節の背屈、底屈について簡単におさらいしましょう。

 

距腿関節は、下腿(脛骨下端、腓骨下端)と距骨とで形成される関節です。

 

距腿関節の底背屈の軸はやや斜めになっており、内果から外果側に行くにつれてやや後方に向かう軸となっております。

 

 

 

よって、足関節底背屈時には距骨は矢状面上の運動だけではなく、水平面上の動きもやや起こります。

 

 

足関節底屈時に距骨は内旋、

足関節背屈時には距骨外旋、

 

という動きが入ってきます。

 

下腿と距骨の相対的な回旋の関係も距腿関節の底背屈に影響してきますが、今回は省略いたします。

 

 

次に距骨下関節もおさらいしていきましょう。

 

距骨下関節は、距骨と踵骨からなる関節で回内、回外の動きを行えます。

(ここでは、前額面上の動きを回内・回外で表現します)

 

距骨下関節回内外の動きは、非荷重時と荷重時で異なり、

 

非荷重時は、

 

距骨下関節回内時、踵骨が距骨に対して「背屈、外転、回内」の動きをします。

 

 

回外時は、踵骨が距骨に対して「底屈、内転、回外」。

 

 

 

荷重時は、

 

距骨下関節回内時、踵骨が「回内」、距骨が「内旋、底屈」の動きをします。

 

距骨下関節回外時、踵骨が「回外」、距骨が「外旋、背屈」の動きをします。

 

 

 

距骨下関節の動きについて詳しくはこちら↓

距骨下関節の動きの基礎 | 歩行と姿勢の分析を活用した治療家のための専門サイト【医療従事者運営】 (arch-seminar.com)

 

 

 

ここまでの内容を理解したうえで、距骨下関節と下腿へアプローチして、下腿と距骨の軸を合わせ距腿関節の背屈制限は改善したが、次回の施術時には元に戻ってしまう。

 

次に考えるべき関節の一つがショパール関節です。

 

ショパール関節についてこちらもお読みください↓

距骨下関節とショパール関節 | 歩行と姿勢の分析を活用した治療家のための専門サイト【医療従事者運営】 (arch-seminar.com)

 

 

ショパール関節(横足根関節)は、距舟関節と踵立方関節の2つの関節です。

 

動きは内外転、回内外。

 

   

 

 

 

 

基本的なハイアーチと呼ばれる足の場合、

距骨下関節➡回外(距骨➡背屈、外旋)

ショパール関節➡内転、回内

リスフラン関節➡底屈

といった動きになり、

 

 

基本的な偏平足と呼ばれる足の場合、

距骨下関節➡回内(距骨➡底屈、内旋)

ショパール関節➡外転、回外

リスフラン関節➡背屈

といった動きになります。

 

 

 

初めての方は、少し覚えづらいかもしれませんが、図でイメージしながら文字を追っていくと理解しやすいと思います。

 

 

ここからが、ショパール関節が足関節背屈制限の原因になる内容の本番です。

 

 

ショパール関節回内可動域に制限がかかり、ショパール関節回外位で固まってしまった状態を「前足部内反」。

 

ショパール関節回外可動域に制限がかかり、ショパール関節回内位で固まってしまった状態を「前足部外反」と呼びます。

 

前足部内反の状態で立位になると、距骨下関節はどうなるでしょう?

 

舟状骨は距骨に対して、回外、外転しています。

 

 

前足部が接地すると、接地している面は固定されるため、距骨は舟状骨に対して内側やや下方へ。

内旋、底屈の動き、

距骨下関節回内です。

 

 

反対の、前足部外反では、

 

舟状骨は距骨に対して、回内、内転しています。

 

前足部が接地すると、距骨は舟状骨に対して外側やや上方へ。

外旋、背屈の動き、

距骨下関節回外です。

 

 

このように、ショパール関節の影響で距骨下関節が動かされてしまいます。

 

 

施術にて、距骨下関節へアプローチし変化を出せた。

 

その後、ショパール関節の影響を受ける歩行を繰り返し、距骨下関節は元の状態へ。

 

といった形で、次の施術のタイミングには元の背屈制限が、、、

 

 

もちろん、全てのパターンに当てはまるわけではありませんが、ショパール関節へのアプローチも確実に選択肢の中に入れておいてみてください。

 

 

 

距骨下関節の基礎、複合運動について↓

距骨下関節の回内は踵骨回内、距骨内旋・底屈

距骨下関節の回外は踵骨回外、距骨外旋・背屈

距骨下関節の基礎

 

リスフラン関節について↓

リスフラン関節と偏平足| 歩行と姿勢の分析を活用した治療家のための専門サイト【医療従事者運営】 (arch-seminar.com)

 

 

 

 

 

 

 

柔道整復師 石川瑞記

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の膝関節

「足関節背屈制限から考えるKnee...

「足関節背屈制限から考えるKnee-in現象と膝傷害についての解釈」   スポーツ現場や治療現場にお…

>詳しくみる

歩行時の足部

腸脛靭帯炎と足部のつながりにつ...

【腸脛靭帯炎と足部のつながりについて】        腸脛靭帯炎。別名ランナーズニー。  …

>詳しくみる

歩行時の足部

足関節背屈制限を例に支持モーメ...

  この記事をご覧の先生方は日々の治療の中で歩行分析を行っている方が多いかと思います。  …

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節の影響によって起...

    リスフラン関節の評価をしたことはありますか? リスフラン関節の影響で、扁平足やハイ…

>詳しくみる

歩行時の足部

【歩行における外反母趾とswayba...

【歩行における外反母趾とswaybackの関連】           …

>詳しくみる

歩行時の足部

【膝の痛みと足関節背屈制限につ...

【膝の痛みと足関節背屈制限について】 治療をしている中で、しゃがみこみや階段の下りや上りで膝の痛みを訴える方は…

>詳しくみる

歩行時の足部

【歩行時のMP関節の動き】

【歩行時のMP関節の動き】            …

>詳しくみる

歩行時の足部

【上半身質量重心と胸郭から診る...

 【上半身質量重心と胸郭から診る歩行観察】         &nbsp…

>詳しくみる
single-gaitanalysis