動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の骨盤・股関節

【基礎】歩行分析「骨盤」

【歩行分析の基礎 骨盤を診る】

 

 

まずは、骨盤を診るときのポイントです。

 

骨盤を診るときには、正面からは「おへその下」、後ろからは「殿部」を診るようにします。
初めての方でもわかりやすい動きは、「骨盤が左右どちらに大きく回旋しているのか?」だと思います。

 

この動きは、水平面上の動き、つまり「骨盤の回旋」になります。

 

水平面は、基本的に床と平行の面です。

 

そして、骨盤の水平面上の動きは、例えば右足を大きく前に出したとき、骨盤の右側が大きく前に出る動きです。

 

これは、骨盤の「左回旋」になります。

 

 

反対に、左足を大きく出した場合、骨盤の左が大きく前に出ます。

 

これは、骨盤の「右回旋」になります。

 

左右の回旋が逆にならないように注意してください。

 

右が前に出ると右回旋ではありません。

 

おへそが左を向くので、左回旋です。注意です!!

骨盤回旋骨盤回旋

 

では、歩行時に骨盤の回旋は、どこをポイントにして診るといいのでしょうか?

 

体には様々な指標があります。

 

例えば、お尻が「右にどれだけ動くのか?」

 

「左にどれだけ動くのか?」

 

これも私たちが判断している指標であります。

 

さらに、お尻の真ん中の割れ目、つまり殿裂は本来正中線上にあるので、

 

その殿裂が真ん中から「右に大きく動きやすい」のか、

 

はたまた真ん中から「左に大きく動きやすい」のか、も自然と診ているポイントです。

 

骨盤回旋骨盤回旋

 

これは、後ろから歩行を観察している時のお話です。

 

次は、正面から観察した時のお話です。

 

正面からと後ろからでは、見え方がガラッと変わります。

 

本来骨盤の動きは、後ろから診た時に予測した動きと変わるはずはないのですが、目の錯覚などで、「あれっ?」と思うこともあるかもしれません。

 

しかし、大切なのは指標を何にするかです。これさえ間違わなければ、目の錯覚に惑わされることもないでしょう。

 

正面からは、おへその下が骨盤になるので、おへその下が中心で、その左右には上前腸骨棘(以下ASIS)があり、これは大腿筋膜張筋、縫工筋が付着する、一番突出した骨の指標になります。

 

ただ、表面上から分かるほどの出っ張りはないので、ASISは歩行時のポイントとしての優先順位は低いと思います。

 

では、何を見て判断しているかというと、筋肉で言うところの外腹斜筋の外側線維がある面の部分を診ます。

 

この面が、正面からの歩行で、こちらに飛び出して来るのか、それとも来ないのかを判断しています。
これだけを考えて診るだけでも、歩行分析の癖がついてくると思います。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】

Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の骨盤・股関節

ランナーのアキレス腱部の痛みと...

【ランナーのアキレス腱部の痛みと歩行評価】     今回はランナーに多いアキレス腱部の痛み…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

中殿筋機能低下と歩行評価

【中殿筋機能低下と歩行評価】     私は柔道整復師を取得後パーソナルトレーニング施設であ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

『歩行動作に対しての内転筋の捉...

【『歩行動作に対しての内転筋の捉え方。』について】       今回は、歩行動作…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【重要なお知らせ】セミナーにつ...

【セミナーについて】   みなさんこんにちは。   セミナー事務局の髙木慎一と申します。 …

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

歩行時の荷重によるスクリューホ...

【歩行時の荷重によるスクリューホームムーブメントとは】     膝のスクリューホームムーブ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わ...

【腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わるのか?】   腸腰筋を鍛えることで、床に足が引っ掛かりにくくなり、…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる
single-gaitanalysis