動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の骨盤・股関節

骨盤の回旋だけがすべての痛みではない

【1年前からの腰痛】

 

今日は具体的な症例のお話ですので、

 

いつもとタッチが違うので、症例に興味のある方だけぜひお読みください。

 

1年前から腰に痛みのある高校生。

 

とある紹介で僕の元に来ていただきました。

 

現在高校2年生。

 

競技はバレーボール。

 

話を聞いていくと、どうも中学のころから腰痛はあった。

 

でも高校に入り、練習量が増え、約1年前に「ぎっくり腰」になったとのこと。

 

そこから、本当にたくさんの良いといわれるところを転々といかれたようです。

 

来た時のアライメントは、骨盤右前方回旋、だが右アウトフレア。左インフレア。セミナーでやっているように、

これで側弯を疑ったが、ひどい側弯ではない。

 

そして、回旋テストにてまったく骨盤の回旋をしようとしない。

 

この時点でおかしい。

 

側屈をした際に、腰椎でしか動かない。

 

全身の関節弛緩性を調べる。

 

++。

 

と、こんな感じでここから様々なことを調べていったのですが、

 

この時に一番思ったことは、

 

「今日ここで信頼してもらうしかない」

 

ということ。

 

1年間いろいろなところに行って、自分たちで「ここだ!」と探してきていただいた場合は

すでに向こうがすがる気持ちで来てくれているため、患者さん側は信頼しやすい環境にあるのかもしれません。

 

ですが、今回は自分たちからではなく、あくまでもすすめていただいてのパターン。

 

アライメント、動きのクセ、もちろん最低限当たり前の大切なこと。

僕たちがこれを見れていないのは、問題外なのだろうけど、

 

時にはもっと大切なこともある。

 

それが、今回相手との距離感、信頼感。

 

いつも思うことは、相手のことを知れる範囲で知り、痛みだけではなく、そこまでにいたった背景を知り、

そしてどうなることが本当にうれしいことなのかを知る。

 

言葉では簡単だけど、1秒ごとに流れる時間の中で変化する空気を感じながら、その時に最適な言葉、しぐさ、態度を選ぶ、この勝負が一番大切だと考えています。

 

腕のいい先生たちはたくさんいて、きっとその方たちも実はこの力を持っていて、それの出し方が一流なのかなと。

 

学んだ知識はある、どんな分野も学んできた幅もある。

 

でも、流れる時間とともに変化するその場の空気を、もし感じれないとすると、大きく間違うこともきっとある。

 

今回僕が勝負したこの選手。

 

実際には、腰椎を過剰に動かす癖がついていました。

 

すべてを痛いはずの腰椎で動かす。

 

そうなると、胸椎の可動域は低下。

 

弛緩性の強い選手の可動域制限は、他の部位の動きが普通の硬さの選手よりもより出てしまう可能性がある。

 

分離症などの診断は幸いない。

 

診断名は腰痛症。

 

僕たちの得意な、動きづくりによってADLでの痛みはすぐになくなり、学校生活の中でもっとも苦痛だった授業中の痛みはなくなった。

 

指導したことはもちろんあるけれど、その指導を聞いてくれて、信頼してくれたことがこれにつながった。

 

セミナーなどでは伝えにくい、「感覚」の部分。

 

もしかしたら答えはないのかもしれないが、いつも行きつくところは同じところには行きつく。

 

結局、自分本位ではなくて、「人のために何ができるか」を考えているか。

 

チームスポーツの中でも、最後はそこなのかなと思う時がある。

 

自分だけが活躍すればいいと思ったときに、何かが崩れる気がする。

 

走ること、拾うこと、得点を取ること。

 

誰かのためになりたいからが先にあるのか、自分のためなのか。

 

 

医療の原点はどこにあるかはわかりません。

 

わからないけど、「その考えは患者さんのためであるのか」を忘れる日が来ちゃダメなのだけはわかります。

 

そして、どんなもの、事よりもこの感覚は大切にしなきゃいけないことも。

 

次に会う時が4回目。

 

高校バレー残り約1年。

 

泥水すすってでも、誰かの手を借りてでもこの選手を何とかしようと思います。

 

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】

Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の骨盤・股関節

【歩行動作での骨盤後方回旋と股...

目次1 【歩行動作での骨盤後方回旋と股関節伸展動作について】2 ですが、過剰な骨盤後方回旋がみられる場合は、後…

>詳しくみる

歩行時の足部

【初回足関節捻挫とアスリハにつ...

【初回足関節捻挫とアスリハについて】   今回は初回足関節捻挫とアスリハについてです。   まず最初…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

ランナーのアキレス腱部の痛みと...

【ランナーのアキレス腱部の痛みと歩行評価】     今回はランナーに多いアキレス腱部の痛み…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

中殿筋機能低下と歩行評価

【中殿筋機能低下と歩行評価】     私は柔道整復師を取得後パーソナルトレーニング施設であ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

『歩行動作に対しての内転筋の捉...

【『歩行動作に対しての内転筋の捉え方。』について】       今回は、歩行動作…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【重要なお知らせ】セミナーにつ...

【セミナーについて】   みなさんこんにちは。   セミナー事務局の髙木慎一と申します。 …

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

歩行時の荷重によるスクリューホ...

【歩行時の荷重によるスクリューホームムーブメントとは】     膝のスクリューホームムーブ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わ...

【腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わるのか?】   腸腰筋を鍛えることで、床に足が引っ掛かりにくくなり、…

>詳しくみる
single-gaitanalysis