動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の骨盤・股関節

大殿筋が使えるという事は

【大殿筋は鍛えれば何なのか?】

 

 

やたらもてはやされている大殿筋

 

僕たちもかなり前から大殿筋がもたらす意味やトレーニングは行ってきました。

 

大殿筋のトレーニングって、ものすごく種類があるじゃないですか。

 

でも正しくできているのでしょうか?

 

ちょっとその観点からお話をさせてください。

 

大殿筋は股関節伸展筋で多くのトレーニングが、その動作に対して負荷をかけて行うのが特徴です。

 

そして、両足や片足で様々なことを行っています。

 

これは別にいいと思います。

 

どんなやり方でも、しっかりとした負荷がかかることは悪いことではありません。

 

僕ら医療に携わる人が忘れてはいけないのは、そのエクササイズ中に本当に正しい位置でエクササイズが行えているのかだと思います。

 

例えば、僕たちは片足スクワットと言われるもので大殿筋をトレーニングするときがあります。

 

この時に、一般的なやり方や名称に気をとられると、本当に見抜かなければいけないことが見えなくなります。

 

セミナーでも良くありますが、なぜ右のお尻はすごく効き目がありそうなぐらい効いて、左はなんとなく鈍いのか?

 

これを多くの指導者は「弱いから」ととらえている方々もいるようです。

 

これは全く違います。

 

狙ったところに、ピンポイントで来るか来ないかは、行っている人のアライメントに答えがあります。

 

例えば、大殿筋にピンポイントでしっかりと聞かせたい場合、見なければいけない注意点は、片足で立っている下肢の垂直線上に上半身質量中心があるかどうかになります。

 

これは、胸郭の話で今まで話してきたので、先にこちらを読みあさってからもう一度読み直してください。

胸郭と左右のブレとアライメント1

胸郭と左右のブレとアライメント2

胸郭と左右のブレとアライメント3

胸郭と歩行

胸郭と歩行2

骨盤に対しての下位胸郭

 

上半身質量中心が、下肢の垂直線上にあるかどうかというのは、細かく言うと骨盤の上に下位胸郭がしっかりと移動できているかによります。

 

この移動がしっかりとできていれば、片足立ちはしやすいからです。

 

片足立ちがしやすいという事は、スクワットでの股関節の屈曲はまっすぐにしゃがめることになります。

 

これが、下肢の上に上半身質量がのらずに行うと、骨盤が外側へSwayし、股関節の内転内旋が強くなり、大殿筋に効かずに、外側へポイントが逃げたり、大腿外側などに負荷がかかりやすくなります。

 

ということは、大殿筋のトレーニングだと思ってやっている運動が、アライメント不良を助長している可能性があるという事になります。

 

これが、片側ではしっかりと効いていて、逆側ではこの状態で、「弱いか」ともし片付けられていたとすると、繰り返せば繰り返すほど、股関節が痛くなったり、腰が痛くなったりとするはずです。

 

僕たちは、これを見抜けるプロなはずなので、新しいトレーニングを手に入れたから行うという安易な考え方ではなく、本当に患者さん、クライアントさん、そして選手のために見抜かなければいけないことは何なのかを考える必要があると思います。

 

先ほどは、骨盤の外方Swayの話でしたが、胸郭が回旋しているせいで、スクワットをすると骨盤が回旋していくケースもあります。

 

これは、鏡などをみて体を正面にしようとするスクワットは、胸郭の回旋を正面に戻した分、ほかの場所が回旋するケースです。

 

これを、骨盤がねじれているからと指導者側が徒手的に戻したりなんてありますが、まったくの勘違いかと思います。

 

これはその事実をまずは見抜けていないということをこちら側が知る必要があります。

 

そして、それがどこのせいで回旋しているのか、その回旋を取り除いてあげれば、きれいにできるわけですから非常に僕たちの質が問われることじゃないでしょうか。

 

大殿筋は使えると、歩行では骨盤の回旋を生み出し歩幅を広げ、ICでのショックアブソーバーになります。ランニングではこれに加え、地面からの反発をもらう大切なパワーを生み出す筋肉です。スポーツ動作では、ストップ、ジャンプ時の爆発力を生み出し、膝のケガを防いでくれるものすごいいい物です。

 

こんないい素材の筋肉をしっかり鍛えるのであれば、僕たちはアライメントを見極める力をつけてからのほうがいいと思います。

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の骨盤・股関節

歩行時の荷重によるスクリューホ...

【歩行時の荷重によるスクリューホームムーブメントとは】     膝のスクリューホームムーブ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わ...

【腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わるのか?】   腸腰筋を鍛えることで、床に足が引っ掛かりにくくなり、…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

【基礎】歩行分析「骨盤」

【歩行分析の基礎 骨盤を診る】     まずは、骨盤を診るときのポイントです。 &nbsp…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

歩行周期のTSt(ターミナルスタ...

  【ランチョロスアミーゴ方式:TSt(ターミナルスタンス)】 TSt(ターミナルスタンス) 始まり…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

痛みの予測をつけるための歩行分析

【今持っている施術を活かせるのが歩行分析】 歩行分析というと、何か難しいように捉えられることが多いように思いま…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

歩行周期のMSt(ミッドスタンス...

  【ランチョロスアミーゴ方式:MSt(ミッドスタンス)】 MSt(ミッドスタンス) 始まり・・・反…

>詳しくみる
single-gaitanalysis