動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の骨盤・股関節

歩行周期のMSt(ミッドスタンス)を紐解く②

 

【ランチョロスアミーゴ方式:MSt(ミッドスタンス)】

MSt(ミッドスタンス)

ランチョロスアミーゴ MSt(ミッドスタンス)

始まり・・・反対側の足が地面から離れた瞬間
終わり・・・対象側の踵が床から離れた瞬間(身体重心が前足部の直上にある)
*サイト内では、MStを前半と後半に分けて説明することもあります。

このサイトでは、IC~LRに続いてMSt時に何を診ることが大切で、どんなアプローチをすると良いのかを書いていこうと思います。

 

 

IC~LRまでの特徴は

■骨盤の回旋量を診ている■(ICも同様)

■上半身重心がどこにあるかを診ている(ICも同様)■

■矢状面での膝関節屈曲量を診ている■

これでした。

 

IC(イニシャルコンタクト)からLR(ローディングレスポンス)までの復習はこちらをご覧ください↓

 

※IC(イニシャルコンタクト)についてはこちら→ IC(イニシャルコンタクト)を紐解く

※LR(ローディングレスポンス)についてはこちら→ LR(ローディングレスポンス)を紐解く

 

 

前回のMSt①はこちらです → MSt(ミッドスタンス)を紐解く①

 

 

「MStの特徴」

片脚立位になる◇
立脚側を遊脚側が追い越していく◇

 

 

前回もポイントで書いたこの2つ。

 

今日は、

 

立脚側を遊脚側が追い越していく◇

 

についてお話しさせていただきます。

 

IC~LRにはなかった、この立脚側を遊脚側が追い越していくということ。

 

この瞬間いったいどんなことが起きていて、何が必要なのか。

 

立脚足が左と仮定して話します。

 

この左足で起きていることがまず何なのかを理解するといいと思います。

 

MSt前半、左足では大腿骨に対して骨盤がやや前傾(股関節屈曲)し、股関節は外旋位をとります。

 

 

ここから、右の下肢とともに、骨盤は前方へ回旋していきます。

 

これが、左股関節にとっては「内旋」してくることになります。

 

 

そして、そこからさらに右の下肢と骨盤は前方へ振り出されます

 

 

この時、左の股関節はより内旋が強いられていきますが、左骨盤も後方回旋していくので、

 

その方によって、内旋や外旋量が変わると考えていた方が正しいかと思います。

 

 

今話したのが、正常な場合の遊脚側が立脚側をを追い越していったときにおこる関節の動きです。

 

 

やはりこの場合のポイントは左の股関節の動きではないでしょうか。

 

 

大腿骨頭上骨盤が正しい回旋をするかしないかが臨床でも痛みやパフォーマンスに大きくかかわってきます。

 

 

この時に大切なのは、股関節のポジション

 

 

前回①でも話しましたが、骨盤がSwayすると、この股関節上の正しい回旋が行われません。

 

だから、遊脚側の右足は上手く前方へ運ばれなくなります。

 

右の骨盤が前方へ行くことが不可能になります。

 

そうなると、右の股関節の屈曲可動域だけで前方へもっていくしかありません。

 

歩幅は小さくなるし、股関節屈筋に出力は増え、筋の硬さが出てくるかと思います。

 

こんな人は、左でのスムーズな動きができない股関節の痛みも訴える場合があるし、

 

右の筋の硬さによる股関節の痛みを訴える場合もあります。

 

両側痛い股関節でも、左右理由が別だという事です。

 

最近では、トレーニングで股関節の動きを考え、左右の足が入れ替わるようなトレーニングも

 

増えています。

 

いつも書きますが、それはとてもいいことです。

 

ですが、もし今回のように左の股関節が外旋から内旋時に軸回旋できていなかったら、

 

そんな状態でのトレーニングは、さらにその状態を助長し、もしかしたら悪化させる場合もあると

 

考えるべきかなと思います。

 

そうならないために、評価があり、知識があります。

 

まずは、歩行や動きを診て、その股関節の機能を捉えて、

 

アプローチできるようになるのがいいですね。

 

 

 

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】

Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の骨盤・股関節

ランナーのアキレス腱部の痛みと...

【ランナーのアキレス腱部の痛みと歩行評価】     今回はランナーに多いアキレス腱部の痛み…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

中殿筋機能低下と歩行評価

【中殿筋機能低下と歩行評価】     私は柔道整復師を取得後パーソナルトレーニング施設であ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

『歩行動作に対しての内転筋の捉...

【『歩行動作に対しての内転筋の捉え方。』について】       今回は、歩行動作…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【重要なお知らせ】セミナーにつ...

【セミナーについて】   みなさんこんにちは。   セミナー事務局の髙木慎一と申します。 …

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

歩行時の荷重によるスクリューホ...

【歩行時の荷重によるスクリューホームムーブメントとは】     膝のスクリューホームムーブ…

>詳しくみる

歩行時の骨盤・股関節

腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わ...

【腸腰筋を鍛えると歩行はどう変わるのか?】   腸腰筋を鍛えることで、床に足が引っ掛かりにくくなり、…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる
single-gaitanalysis