動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン

【股関節つまりの原因 日常の姿勢との関係性】

  • 【股関節つまりの原因 日常の姿勢との関係性】

 

 

 

 

 

 

 

患者さんの股関節を屈曲していくと、股関節前面に痛みやつまり感があると言われたことはありませんか?

 

また「これ以上股関節が曲がらない」「左右でつまり感が違う」など。

 

なにかしらの理由があるのでつまり感を訴えるかと思います。

 

今回は「なぜつまり感を訴えるのか」「なぜ左右差があるのか」をもとに話を進めていきたいと思います。

 

 

 

つまり感の原因として多くの方は筋肉、筋膜などの軟部組織が考えられることが多いです。

 

※他にも骨がつまりの原因をつくっていることもあります。

骨が原因をつくっている場合は、「カチッ」と、これ以上曲げられない感覚があると思います。

変形性股関節症などの方はこのような場合が多いと思います。

 

一方、筋肉や筋膜などの軟部組織が原因をつくっている場合は「カチッ」と止まるような感覚はないように感じることが多いです。

 

骨がつまりの原因だとすると「これ以上曲げられない」という感覚だと思いますが、軟部組織がつまりの原因だとすると「少し強く押せば曲げられそう」という感覚ではないかと思います。

 

例えば、大腿四頭筋や縫工筋、大腿筋膜張筋などの股関節屈筋群の硬さが原因で股関節屈曲という動きを制限してしまうことも考えられます。

 

しかし、本当にこれだけの理由なのでしょうか?

 

臨床経験上、実際の患者さんを診ていると「普段の姿勢」が大きく影響していると考えます。

 

では、どのような姿勢でしょうか?

 

経験上、「骨盤後傾と骨盤前方回旋」です。

日本人は骨盤後傾になりやすく「sway back姿勢」が特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「K-1セミナー資料より引用」

sway back姿勢とは、

頭部、前方突出

胸椎、後方変位

骨盤、後傾前方突出

です。

 

この姿勢が股関節屈曲時のつまりの原因だと考えます。

sway back姿勢についてはこちら

 

 

 

まず骨盤後傾と前方回旋を調べる方法をお伝えします。

まずは骨盤後傾。

 

静止立位姿勢で骨盤を触診します。ASISとPSISに触れて確認します。

 

一般的に言われているのはPSISに対してASISが2横指分下方にあれば骨盤は中間位と言われております。

しかし、腸骨稜の形に個体差があるためPSISに対してASISが2横指分下方にあるのは「必ずしも中間位ではない」とも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に骨盤前方回旋。

これも骨盤後傾位を調べると同様、静止立位姿勢でASISとPSISを触診します。

 

この時に、左右のASISがどちらの方が水平面上でより前方位にあるか、骨盤全体がどちらの方が前方位であるかで前方回旋側を確かめます。

姿勢分析についてはこちらをクリック

 

 

他にも、骨盤回旋テスト。

静止立位姿勢でL5/S1間に目印をつけ、体幹を左右に回旋させます。

左右どちらの方が骨盤の回旋量が多いか、目印を基準に見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤前方回旋が強い側は骨盤後傾が伴うことが多いように感じます。

また、左右で骨盤後傾が強い人は骨盤前方回旋が伴うことが多いように感じます。

 

 

ではなぜsway back姿勢だと股関節前面がつまりやすいのか。

 

骨盤後傾位だと股関節前面の筋肉が遠心性制御していることになります。

 

そうすると伸張ストレスが加わっている状態であるため筋の緊張度は高くなります。

なので股関節を屈曲したときにつまり感を訴える方がいます。

 

では、左右差がある理由はなんでしょうか?

骨盤前方回旋が原因だと考えます。

 

先ほども言いましたが骨盤後傾の姿勢だと股関節前面の筋肉は引き伸ばされる方向になります。

それをプラスして骨盤前方回旋が伴うと余計引き伸ばされます。

 

なので左右差があると考えます。

 

 

この理由のほかにも原因があると考えます。

 

ここからは、皮膚運動学をもとに考えます。

 

まず皮膚運動学とは。

皮膚が余る場所には、皮膚が離れる(余らないように動く)」

「皮膚が不足する場所には、皮膚が集まる(集まるようにして動く)」

福井勉:皮膚運動学‐機能と治療の考え方-、三輪書店より)

という考えです。

 

簡単に言いますと、

凹側は皮膚が余るので、皮膚は離れるように動く。

凸側は皮膚が不足するので、皮膚は集まるように動く。

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真でいうと、

①大腿前面は皮膚が余る場所なので、皮膚は離れるようにして動きます。

②背部、大腿後面は逆に皮膚が不足しているので、皮膚が集まるようにして動きます。

あまり、想像しにくい方はこの写真を見ればわかりやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「K-2セミナー資料より引用」

 

 

 

 

 

 

 

「K-2セミナー資料より引用」

 

1枚目の写真は、静止立位で大腿前後面の同じ高さに印をつけています。

2枚目の写真は、股関節の屈曲時になります。

 

先ほどの前屈をした写真と同様、股関節を屈曲しています。

 

大腿前面は皮膚が余るので、印は股関節に対して離れる動きをしています。

逆に大腿後面は皮膚が不足するので、印は股関節に対して集まるように動いています。

 

 

では、この皮膚運動学と股関節屈曲時のつまり感はどのように関係しているのか。

 

最初に紹介した「sway back姿勢」を思い出してください。

ここがポイントです。

骨盤後傾前方突出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤前方突出ということは、凸になっているということです。

皮膚運動学で考えると皮膚が不足するところになります。

ということは、皮膚が集まる方に動くということです。

 

sway back姿勢で生活をしていると股関節前面に皮膚が集まるということです。

常に皮膚が股関節前面に集まろうとしているので、股関節屈曲したときにつまり感を訴えるということになります。

 

今回は股関節前面の「つまり感」についてお話をしました。

皮膚の動き一つで可動域制限をつくってしまう原因になります。

皮膚の動きを評価しアプローチすることでで痛みなどを改善できるかもしれません。

一つの評価にしてみてはいかがでしょうか。

 

ホームページはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社アーチ

ARCH Village

アスレティックトレーナー

遠藤 佑弥

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる
single-posturalanalysis