動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン

片側性腰痛に対する姿勢分析

【片側性腰痛に対する姿勢分析】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「片側の腰だけ痛みがあるんです。」

 

「腰の筋肉をどれだけほぐしても

 痛みが変わらないんです。」

 

臨床上患者さんの訴えとして、

これらのようなことを言われることがありませんか?

 

 

 

 

その時、どのような評価をして、

治療をすすめていますか?

 

「腰の筋肉の硬さが原因ですね」

姿勢が悪くなっているからです」

 

 

このような言葉で伝えていても、

患者さんはそれを分かった上で来院されます。

 

 

 

具体的にどのような姿勢になっているため、

この筋肉にストレスがかかっています。

 

 

このような説明の方が原因が明確なので、

腰痛が改善される未来を想像しやすいと思います。

 

そのためには、姿勢を分析し、

原因を突き止める必要があります。

 

 

今回は、片側性腰痛の

姿勢分析の評価方法についてお話しいていきます。

 

 

評価方法の説明の前に、

前提として、ひとは

歩行時、左右対称に歩けていません。

 

必ず骨盤の回旋差が生まれます。

 

例えば、右側の骨盤が前出やすい姿勢では

左側より、骨盤から膝関節までのベクトルが長くなります。

つまり、歩幅の左右差が生まれてくることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

※K2セミナー資料より引用

 

 

図のように、

右の骨盤が前へ出ている(右踏み出し脚)の歩き方だと

相対的に左の骨盤が後方(左蹴り出し脚)の歩き方になります。

 

踏み出し脚=骨盤右前方回旋側

蹴り出し脚=骨盤左後方回旋側

と考えます。

 

この骨盤の回旋差が

片側性腰痛を分析する上で、大切になってきます。

 

 

『評価方法』

・立位アライメントの評価

・立位骨盤回旋テスト

・立位骨盤swayテスト

 

 

 

「立位アライメントの評価」

 

【やり方】

左右のASISを触診し、

どちらが前方位にあるか、

inflare傾向か確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【評価】

ASISが前方位inflare傾向にある側

前方回旋側

 

ASISが後方位outflare傾向にある側

後方回旋側と評価します。

 

※まれに側弯症例などでは、ASISの前方位とinflare、

後方位とoutflareが一致しないこともあります。

 

 

 

 

 

※K2セミナー資料より引用

 

 

 

 

 

「立位骨盤回旋テスト」

 

【やり方】

骨盤幅で立ち、正面を向いた状態から

左右交互に回旋していく。

 

回旋時、骨盤の回旋量の左右差

下腿に対して大腿の内旋量で評価します。

 

【評価】

骨盤前方回旋優位側

大腿内旋優位=踏み出し脚傾向

 

骨盤後方回旋優位側蹴り出し脚傾向

※骨盤前方回旋側と大腿内旋優位側が

一致しない場合もある

 

左回旋↓          

 

 

 

 

 

 

 

 

右回旋↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※左回旋の写真の方が回旋量が大きい(骨盤右前方回旋)

 

 

 

 

 

「立位骨盤swayテスト」

 

【やり方】

骨盤幅で立ち、

手技者が腸骨稜から大転子を手掌で把持し、

左右に骨盤を押す。

この時、骨盤の左右の移動量(1〜2㎝)を確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【評価】

骨盤が外側に抜ける感覚が強い側が 

Sway傾向にあると評価します。

 

 

 

 

 

ここまでは、

姿勢分析に必要な評価方法の説明をさせていただきました。

 

 

では、なぜ片側性腰痛が引き起こされるでしょうか

評価方法の意義とともに、説明していきます。

 

 

 

片側性腰痛を考えていく上で、

Sway Back 姿勢が重要になってきます。

※詳しいSway Back姿勢についてはこちら

 

 

骨盤後傾位、骨盤前方変位

胸椎後弯に伴う

胸郭後方変位腰椎伸展増大

しているのが特徴な姿勢を指します。

 

 

片側性腰痛は踏み出し脚側が患側

となりやすいですが、

ここにSway Back 姿勢が関わってきます。

 

 

 

腰方形筋は腸骨稜内側唇、腸腰靭帯から起始し、

その上を胸腰筋膜が走行します。

 

前方回旋側、inflare傾向が強い側は

胸腰筋膜が回旋に伴い

牽引ストレスの増大(内圧上昇)を引き起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

※プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論・運動器系(第2版)より引用

 

 

牽引された筋膜が下部に位置する

腰方形筋を圧迫することで、

圧縮ストレスを増大させます。

 

 

そして、Sway Back 姿勢による

下位腰椎の伸展ストレス増大により、

圧縮位となることで、さらにストレスをかける原因となります。

 

 

立位アライメント」

「立位骨盤回旋テスト」

前方回旋側を決定するのに

必要な要素となってきます。

 

評価から、左右どちら側の症状が強く、

圧痛があるのか予測を立てることもできます。

 

 

 

さらに、前方回旋側は

並進運動を伴いながら後傾していくため、

回旋ストレスがかかりやすいのがイメージしやすいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、骨盤後傾位により

中臀筋機能が低下していると、

骨盤の側方Swayを引き起こしやすくなります。

 

踏み出し脚側

外方へのベクトルも強くなるため、

胸腰筋膜、大腿筋膜の伸張ストレス

により症状が出やすい、という事になります。

 

 

「立位骨盤Swayテスト」

左右どちらが外側へ抜けやすいか評価し

前方回旋側と一致するか、確認してみましょう。

 

 

以上が、片側性腰痛を引き起こす原因です。

 

 

まとめます。

片側性腰痛は、骨盤前方回旋側に多く、

骨盤後傾を伴うことで症状が出やすいです。

 

主に、前方回旋による

胸腰筋膜の圧縮ストレス

後傾位から中臀筋機能不全による

側方Swayを引き起こし

片側性腰痛を発症しやすくなります。

 

これらを、3つの評価方法を用いて姿勢分析することが、

原因を探るヒントとなり、具体的な説明に繋がってくると思います。

 

 

 

 

 

片側性腰痛は、

筋膜の滑走不全から圧痛が強く

筋肉が硬くなっていることが多いため

患部の筋肉をほぐすだけでも

改善するパターンもあるかと思います。

 

 

 

しかし、

立位アライメント歩行アライメント

が変わらないと

原因が取り除けていないので、

症状が戻ってきやすい傾向にあります。

 

 

今回ご紹介させていただいた、

前方回旋後方回旋

Sway back 姿勢片側性腰痛の捉え方

それに対する3つの評価方法

 

これらの評価が、すべて一致するわけではありません。

この考えだけでは治らない片側性腰痛もあります。

 

 

K2セミナーでは、今回の記事の内容など

片側性腰痛のみかたや評価方法

アライメントを変えるための

リリース、エクササイズまで

ご紹介させていただいております。

 

 

姿勢分析に興味のある方、お待ちしております。

 

K2セミナー予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社アーチ

アーチ鍼灸整骨院

鍼灸師

永岡 真豊

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる
single-posturalanalysis