動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
骨盤・股関節のアライメント

骨盤のアライメント①

骨盤を実際に触れながら診ていきますが、触るときのポイントについては、「はじめての姿勢分析の中でお話ししていますので、そちらを是非参考にしてください。

静止立位にて、骨盤を後ろからASISとPSISを基準に触れていきます。
そこでまず診るのが、左右のどちらが前方にいってるか?後方に引けているのか?です。
左右の骨盤を把持し、自分の左右の手のいったいどちらが前にあって、どちらが後ろにあるのか、がポイントになります。

例えば右が前にある場合、右が「骨盤前方回旋」となります。
反対に、後方にある場合、「骨盤後方回旋」となります。

次に、この前方回旋から何を考えていくかです。
歩行時、骨盤の前方回旋側は、対象の関節(例えば膝関節の痛い人だとしましょう)が、反対側よりも、上半身質量中心から遠くなります。(*これについては「歩行時の骨盤」を参照してください。)

これを、先程の静止立位のアライメントから予測がつけられるようになり、そしてそれを、歩行中の動きと合わせて考えられるようになります。

もし、右の前方回旋が強かったとしましょう。
そうなると、右膝が痛くなるケースが多々あります。
なりやすい障害としては、膝伸展機構障害です。静止立位姿勢から右の骨盤を前方に出してみましょう。この時、何が起きるかというと、右の大腿四頭筋や大腿筋膜張筋は、張力がかかり収縮を起こします。要するに固くなります。

この状態で、一日何歩も歩いたとしましょう。

反対側よりも圧倒的に、この2つの筋肉にかかる負担は増えます。
そうなると、膝にかかるストレスは大きく、これが膝伸展機構障害につながります。
ジャンパーズニー、オスグッドシュラッター病などが有名です。なので、この症状の患者さんがいたら、、、
「骨盤の前方回旋側はいったいどちらなのか?」
はとても大切な情報だという事です。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

骨盤・股関節のアライメント

【変形性股関節症の屈曲拘縮の原...

【変形性股関節症の屈曲拘縮の原因とアライメントの関係について】   変形性股関節症(以下HOA)は関節軟骨の摩…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【投球動作分析 ワインドアップ...

【投球動作分析 ワインドアップ期~アーリーコッキング期の分析とヒップファーストの考え方】  野球をやっていて特…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【成長期に起こる腰椎分離症とア...

【成長期に起こる腰椎分離症とアライメント】   当院では約7割の方たちがスポーツをして怪我をし治療に…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【皮膚が関節の動きに与える影響...

【皮膚が関節の動きに与える影響について】     今回は、皮膚が関節の動きに与える影響につ…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【女子サッカー選手のインサイド...

【女子サッカー選手のインサイドキックによる股関節の痛みについて】   女子サッカーの競技人口は年々増え、競技レ…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

Sway-back姿勢へのアプローチ

【Sway back 姿勢へのアプローチ】     Sway back姿勢についておさらいしましょう。 ・Sw…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

【Swayback姿勢と腹圧の関係によ...

【Swayback姿勢と腹圧の関係による腰痛について】       今回は“swaybac…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【骨盤のアライメントと各関節の...

 【骨盤のアライメントと各関節の可動域が成長期の膝の痛みに与える影響について】   今回は成長期の膝…

>詳しくみる
single-posturalanalysis