動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
骨盤・股関節のアライメント

骨盤のアライメント②

次に、骨盤の高さを見極めます。

高さは、腸骨稜を触診します。多くの人が示指を当て、その自分の示指を基準とし、高さの左右差を診ます。
もし右が高ければ、右が「骨盤高位側」となります。よく臨床では骨盤高位側を基準とするので、高位側や高い側、あるいは低い側などを用いますが、骨盤低位という言葉は、あまり馴染みがありません。

骨盤のアライメント①では、骨盤の前方回旋から、前方の筋の硬さへのつながりを見極める触診でした。
今回は、骨盤の高さ=内外転の動きだと思ってください。

例えば、右の骨盤が高い場合、右の股関節では何が起きているでしょう?

右の股関節は左に比べ内転位なのか、外転位なのかという事です。

この場合、右の股関節は内転位となります。大腿骨に対して、骨盤が動いたパターンですね。教科書では、骨盤に対して大腿骨を動かしていますから、その反対の動きです。
骨盤に対して大腿骨が動くのか、大腿骨に対し骨盤が動くのか、というような「どちらが止まっていて、どちらが動いているのか。」をすぐに診られる力も大切です。

そして、例えばこの右の骨盤高位により、右の股関節内転位の場合、右の外側の組織が延ばされて固まることが多く見られます。
例えば、中殿筋前部線維、大腿筋膜張筋、外側広筋もそうです。この組織が引き伸ばされながら、固まる感じです。

本来歩行では、ICからMSt、TStまではこの立脚側の骨盤は高位となり、つまり(反対側と比べ)股関節内転位となります。

問題は、歩行時に過度に内転位が強くなると、外側の組織がどんどん硬くなってしまう原因になり、そしてそれが何かしらの痛みの原因になるということです。

歩行時、あきらかに外にお尻が出ていくことを「Sway」と言います。歩行中に、このSwayがあると、そちら側の外の組織は硬い可能性があるという事ですし、触診で外側の組織が硬い場合、歩く前に、「ここが硬いという事は、歩くときにSwayするかもな。」と予測を付けられるという事です。

なぜその組織が硬いかには、必ず理由があるという事なんです。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

骨盤・股関節のアライメント

【ジャンプと床反力を考える~バ...

  【ジャンプと床反力を考える~バレーボール編~】   ジャンプをする時は股関節を使うこと…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【K1オンラインセミナーを開催し...

【K1オンラインセミナーを開催しました! 2021年9月19日】       &…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【骨盤挙上側の内転筋について】

骨盤挙上側の内転筋について   日々の治療の中で様々な患者さんに出会うことと思います。 股関節の痛み・大腿内側…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【股関節前方のつまり感の原因と...

【股関節前方のつまり感の原因と「歩行」「腰痛」「膝痛」の関係性について】   股関節を屈曲した時前方のつまりを…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

治療家になって三年目の先生へ ...

  今回は、資格習得後三年目の私が同じ三年目の先生に向けて 股関節評価についてお話させていただきます…

>詳しくみる

膝関節のアライメント

【床反力による関節モーメントの...

  【動作分析においてそもそも関節モーメントって?】 今回は、セミナーや論文などでもよく耳にする関節…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

「正しいスクワットを教えられて...

「正しいスクワットを教えられていますか?」   ベンチプレス、デットリフトそしてスクワット。筋トレのBIG3と…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

【これから姿勢の評価や動作分析...

【これから姿勢の評価や動作分析をしていきたいと思っている方へ】           ~姿勢の診かた~ &nbs…

>詳しくみる
single-posturalanalysis