動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
骨盤・股関節のアライメント

骨盤の動きが無い歩行を診て、何も感じないのかどうか。

【骨盤だけ見ても、全体は見えてこない】

 

 

 

歩行を診ようと思ったとき、基本的には骨盤の動きを見るのは正解だと思います。

 

そして、右、左、どちらの骨盤がどのように動くのかを見るのもいいと思います。

 

ただ体は骨盤だけではないので、骨盤だけの問題だと決めつけるのは違うと思います。

 

骨盤が動いていない場合、何を考えるべきか。

 

 

骨盤の水平面上の回旋が行われる歩行は、同時に胸郭の回旋も行われます

 

そうじゃなきゃ、手と足が同時に出て歩くことになるので、みなさんお分かりになるかと思います。

 

これが、Th7で上下の回旋がわかれると言われています。

 

右足が前に出る時は、右の骨盤と右の下位の胸郭まで同じように前方へ。

 

その時の、右の上位胸郭は、腕の影響をうけて、後方へ回旋するわけです。

 

これが普通の歩行です。

 

問題は、明らかに歩行時の骨盤の回旋量が少ない人を見たときに、みなさんが今の知識を持って何を考えられるかです。

 

年齢が高くなると、歩幅は小さくなります。

 

しかし、若い人でも歩幅の小さい人はいます。

 

ちなみに、骨盤の回旋は、下肢が地面に接地する歩行の場合、股関節上で骨盤が回旋するわけなので、股関節の硬さは非常に影響するのは大前提として考えていてください。

 

じゃあ、この若い人で歩幅が小さい人は、股関節の動きが制限されているからでしょうか?

 

この時に、皆さんがそれぞれ行う、股関節の可動域のチェックの方法を用いればいいんです。実際にチェックして、股関節がかたいのかどうか、硬ければ、歩行時に、股関節の影響が骨盤の回旋を止めているなと考えられるわけです。

 

そして、股関節の回旋を制限している部分を施術していき、可動域を獲得し、もう一度歩いたときに骨盤の回旋が増えて、歩幅も広くなれば狙い通りの、歩行分析ができたという事です。

 

じゃあ、股関節の可動域に何の問題もなかった場合、思考は止まってしまうでしょうか?

 

ここで、最初話した知識を使います。

 

歩行は、上位胸郭と下位胸郭で回旋の逆転が起こるものでした。

 

じゃあ、股関節はとんでもない柔軟性があった、ん?胸郭が硬いのか?と、考えたいんです。

 

胸郭がもし回旋できない場合も、そうなんです、歩幅が広がるわけがないんです。

 

そんな人は、上位胸郭の回旋で腕を振ることはないでしょう。

 

きっと、GH(肩甲上腕関節)で腕を振るでしょう。そして、胸郭が固定される場合、肩甲骨も固定されやすいため、肩甲平面上で腕を振るため、矢状面での腕振りよりは、前額面に近い腕振りにも見えるでしょう。

 

ということは、このような腕振り、骨盤の回旋の少なさ、歩幅の小さい歩行を見た場合、そんなことも考えることができるわけです。

 

こんな方に、股関節の柔軟性をアップさせる何かをずっと提供しても、何も変わらないでしょう。「ちょっといいですね」とお互いがぼそっと言って、どこかしっくりいかない空気が流れるでしょう。

 

こんな方は、胸郭の回旋をどう出すかを考えたらどうでしょうか?

 

そして、センスのいいひとは気付いているでしょうが、「胸郭」なわけです。「胸椎」とは書いていません。

 

胸椎、胸骨、そして肋骨で構成される胸郭を考えるのです。

 

そこに、鎖骨と肩甲骨がくっついています。胸郭が固まっている人が、胸郭と鎖骨、肩甲骨だけするする動くなんてことは考えにくいです。

 

じゃあ、肩甲骨をはがそう。

 

それも大事でしょう。

 

ですが、肩甲胸郭関節はあくまでも、胸鎖関節と肩鎖関節の合計の動きだという事も忘れてはいけません。

 

僕たちは患者さんのために、「たくさんのことを考えてさらっと答えをバチっと当てる」先生になりたいし、目指す必要があります。

 

実際そのような先生はたくさんいらっしゃいます。

 

そのために、ずっと学び続ける必要があるなといつも思います。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

 

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

骨盤・股関節のアライメント

【骨盤のアライメントと各関節の...

 【骨盤のアライメントと各関節の可動域が成長期の膝の痛みに与える影響について】   今回は成長期の膝…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

【スポーツ応用編】サッカー選手...

【スポーツ応用編】サッカー選手の股関節の痛みを考える       サッカーやフッ…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

【スポーツ応用編】野球肘を予防...

【野球肘を予防するためのピッチングフォームの考え方】     子どもから大人まで、野球での…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

【基礎】骨盤の触診で回旋を見抜く

【骨盤の診方 基礎1】   まずは、骨盤を診るときのポイントです。 「では立って姿勢を見せてください…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

骨盤に対して大腿骨を診ると股関...

【骨盤の回旋と股関節は別】   骨盤の回旋を診るにはASIS(上前腸骨棘)を診ればいいかと思います。…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

立位での腰部の評価

【骨盤の傾斜と腰部の側屈を見抜けるか】   骨盤の傾斜、例えば右の寛骨が高い、左が低いなどをいいます…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

Sway-back姿勢とバランス能力

  【Sway-back姿勢って、バランス能力どうなりますか?】     &nb…

>詳しくみる

骨盤・股関節のアライメント

骨盤のアライメント①

骨盤を実際に触れながら診ていきますが、触るときのポイントについては、「はじめての姿勢分析の中でお話ししています…

>詳しくみる
single-posturalanalysis