動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
上半身・胸郭のアライメント

脊柱のカップリングモーションと動きを考える

【カップリングモーションを知ると予測がつけられる】

 

 

カップリングモーション。

 

1905年にLovettが提唱したのをきっかけに、

 

そこからさまざまな研究がされている「脊柱の動き」を言います。

 

多くの文献や、ネット上では様々な考え方が言われています。

 

基本的にいわれている考え方をまずは書きます。

 

基本的な考え方は、側屈に伴い回旋が行われると考えた方がいいと思います。

 

それが、頸椎、胸椎、腰椎で回旋の方向が違うと言われています。

 

これを知ることで、患者さんに「では、体を横に倒してくださーい(側屈)」をやってもらうのに、

 

その動き方の違和感や、運動制限を見れば、

 

「ああ、この関節(頸椎・胸椎・腰椎)が動いていないんだな」が

 

わかるという、とても便利な知識です。

 

基本的に多くの方が言っていることをまとめてみます。

 

全て「脊柱を右側屈した場合」でお話しします。

 

頸椎:上位頸椎-後頭骨/第1頸椎・第1頸椎/第2頸椎

下位頸椎-第2頸椎/第3頸椎~第7頸椎

 

上位頸椎は、対側回旋

下位頸椎は、同側回旋 を伴います。

 

胸椎:すべて

 

胸椎は、同側回旋 を伴います。

 

腰椎:すべて

 

腰椎は、対側回旋 を伴います。

 

これを提唱している方もいます。

 

これだと、上位頸椎から下位頸椎に行くところでギャップが生まれ、下位頸椎から胸椎は同じ動き、そして胸椎と腰椎でギャップが生まれます。

 

C1/C2は環椎と軸椎で、その影響でギャップが生まれるのは処理できそうですが、胸椎と腰椎は少し強引かなと。

 

そのため、胸椎を上位胸椎と下位胸椎に分けて考えている方もおられます。

 

胸椎:上位胸椎-第1胸椎/第7胸椎

下位胸椎-第7胸椎/第12胸椎

上位胸椎は、同側回旋

下位胸椎は、対側回旋 を伴う。

 

そうすることで、下位胸椎と腰椎は同じ動き方をすることになります。

 

カップリングモーションはまだしっかりと解明できていないものです。

 

それは脊柱の生理的前弯の位置に個体差があるため、

 

みんなが同じ動きをするわけではないからだと考えています。

 

なので、

・カップリングモーションをは側屈時に椎体は回旋をするもの

・基本的な知識をもとに、その方のアライメントで動き方は変動することがある

と考えた方がいいのかなと思います。

 

では、その得た知識をどう使えばいいのでしょうか?

 

普段考えている、考え方をお伝えします。

 

僕はスポーツの現場や、スポーツをやっている選手を見させていただく機会が多く、

 

その際に、「動きにくさがないか」を考えます。

 

その「動きにくさ」を作り出している一つに、この脊柱のカップリングモーションを当てはめます。

 

例えば、野球の投球。

 

 

真上から、伸びのあるストレートを投げることができたピッチャー。

 

最近、何かボールが動く(まっすぐではなく、変化する)ようになった。

 

そんな時、まずは当てはめてみます。

 

野球の投球は、右投げなら左下肢、左上肢を固定して右の骨盤、右上肢を回旋しながら投げます。

 

この場合、脊柱の左回旋をしながら投げることになります。

 

左回旋という事は、とくに回旋量が必要な胸椎レベルが左側屈を伴いながら、投げることで

 

スムーズな動きになるという事です。

 

立位でアライメントを見たときに、胸椎がもし右側屈していたら?と考えます。

 

カップリングモーション

これは、セミナーで使用するスライドです。

 

細かく言うと、色々ありますが大まかに脊柱が右に側屈しています。

 

それは胸椎レベルで特に側屈しているのがわかると思います。

 

胸椎の右側屈は右回旋をしやすいのがカップリングモーションを

 

当てはめるとわかることでした。

 

このアライメントの方が、投げる際に

 

左回旋はしにくいことが想像できるという事です。

 

このように使います。

 

この知識を使い、この選手は本来下肢から体幹、そして手へと伝わるはずの力が、

 

体幹でスムーズな動きにならないので、手投げになってないかな?とイメージするという事です。

 

そして、それを「もしかして最近こうじゃない?」と脊柱のアライメントを見るだけで、

 

予測がつけられるようになるのが、カップリングモーションを知るという事です。

 

 

このカップリングモーションを使って、歩行も見ています。

 

その記事はこちらです↓

上半身重心が歩行時に骨盤を回旋させる

 

 

この知識をもとに、歩行を見ることで、一般の方の痛みの予測ができるようになります。

 

そして、同じ知識を使う事で、スポーツの動きを紐解くことができます。

 

自分で考えて、つなげられるかが、何よりも大切かもしれません。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

 

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

上半身・胸郭のアライメント

【体幹安定化の為のアスレティッ...

【体幹安定化機構とアスレティックリハビリテーション】       体幹深部安定化筋群(インナーコアユニット・ロ…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

腰痛の再発予防にはドローイン『...

【体幹の安定化運動ドローイン】 正しい姿勢や動作をコントロールするには 体幹を安定させることが必要です。 その…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

【呼吸と姿勢の関係】

【呼吸と姿勢の関係】 今回は、呼吸と姿勢の関係についてお話ししていきます。 トレーニングや、リハビリを指導され…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

スポーツ動作に多い『体幹の回旋...

【スポーツ動作に多い『体幹の回旋』を紐解く】     あらゆるスポーツ(特に球技に多い)に…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

【投球障害肩と投球フェーズにつ...

  今回お話させていただく、「投球障害肩」で悩んでいる選手はとても多いかと思います。   それと同時…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

頸部から起こるSway-back姿勢

【頸部から起こるSway-back姿勢】   今回は、Sway-back を骨盤からではなく上半身に着目して診…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

Sway-back姿勢へのアプローチ

【Sway back 姿勢へのアプローチ】     Sway back姿勢についておさらいしましょう。 ・Sw…

>詳しくみる

上半身・胸郭のアライメント

Sway-back姿勢が引き起こす肩の痛み

【Sway-back姿勢が引き起こす肩の痛み】   Sway-back姿勢とはどんな姿勢なのか、みなさん整理で…

>詳しくみる
single-posturalanalysis