動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

下腿の肥大と歩行2

【ふくらはぎの大きさとパターン2】

 

前回書いたパターン1

 

前回の記事はこちら↓

下腿の肥大と歩行1

 

ふくらはぎの下部が大きい方っていますよね。

 

のペーっとした感じというか、全体的にラグビーボールのような形というか。

 

あの形のふくらはぎを見た瞬間に、きっとあの方はこう歩くなが分かるはずなんです。

 

 

 

 

みなさんもよくご存じの「ヒラメ筋」。

 

このヒラメ筋は、バランスをとる際に非常に早く収縮をして、バランスを取ろうとするとも言われています。

 

この筋肉の作用は、距腿関節の底屈。

 

ようはつま先立ち。

 

この距腿関節の底屈は、脛骨・腓骨に対しての距骨の底屈。

 

距骨に対しては、脛骨・腓骨の後傾と言えると思います。

 

じゃあ、このヒラメ筋。

 

上記の様にコンセントリック収縮した時強く働くかといったらそうではなく、

 

エキセントリック収縮時に、もっとも筋活動は強くなります。

 

ヒラメ筋のエキセントリック収縮とは。

 

先程の反対の状態ですね。

 

荷重時でいえば、距骨に対して、脛骨・腓骨が前傾していく時がヒラメ筋のエキセントリック収縮となります。

 

この状態が、多くなればなるほどヒラメ筋は働くということになります。

 

では、多くなるとはどういうことでしょうか?

 

(覚えておきたいのがこちらです↓)

距骨下関節とショパール関節

 

本来、MStからTStにかけて床反力は距腿関節の前方を通るため、距骨に対し下腿は前傾していき、この時にヒラメ筋と腓腹筋はエキセントリック収縮を起こしながら、ST関節回外で踵が持ち上がっていきます。

 

そうです。これが本来です。

 

この場合、膝関節の前方を床反力が通るため膝は伸展し、腓腹筋は働きやすい状態となり下腿三頭筋として機能します。

 

もし、何らかの状況でST関節が回外出来ずに、ずっと回内の状態で蹴り出したとすれば?

 

そうなると、床反力は足関節の前方を通り、足関節は背屈へ。この時踵は地面からあがってこないため、下腿の前傾角度はより強くなってきて、

膝関節の後方を床反力は通るでしょう。

 

そして膝は屈曲へ。

 

そうなると、腓腹筋のエキセントリック収縮は弱くなり、ヒラメ筋で下腿の前傾を止めることになります。

 

これがもう一つの下腿が大きくなる理由です。

 

下腿の上部、腓腹筋の肥大ではなく、全体的に下の方まで大きい方は、蹴り出しの際に今話したようなことが起きている可能性があります。

 

ふくらはぎの形を見るだけでも、きっとこう歩くだろうな、あの関節こうだろうな、がわかってくると本当に楽しいですよね。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる
内側縦アーチ 

歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】       内側縦アーチ。 &n…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のPSw(プレスイング)...

  【ランチョロスアミーゴ方式:PSw(プレスイング)】 PSw(プレスイング) 始まり・・・反対側…

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節と偏平足

【リスフラン関節から偏平足をつなげる】 みなさんが想像する偏平足。   こんな足じゃないでしょうか?…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる

歩行時の足部

【基礎】歩行分析「足部」

【歩行分析の基礎 足部を見る】     まずは、分かりやすいところで、つま先の向きからです…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のIC(イニシャルコンタ...

【靴からイニシャルコンタクトを考える】      先日、このサイト内で紹介された記事「IC…

>詳しくみる
single-gaitanalysis