動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】

 

 

 

内側縦アーチ。

 

骨でいうと、踵骨・距骨・舟状骨・楔状骨・第1中足骨で構成します。

 

みなさん、内側縦アーチってあった方が良いですよね?

 

今日はこのアーチについて、僕たちの考えをお話ししたいと思います。

 

 

内側縦アーチ、たしかに大切ですよね。

 

トラス機構。ウィンドラス機構。

 

こちらでも詳しく解説しています↓

距骨下関節とWindlass機構

 

建築物に使われる、トラス機構(トラス構造)。

 

三角形の形により、強度を強く保つと言われる構造。

 

あの、東京スカイツリーもトラス構造の連続。

 

自転車のフレームもそう。橋もそうです。

 

この内側縦アーチ、舟状骨や距骨を頂点として、踵と母指球、

 

そして足底腱膜によって三角形が構成されています。

 

<トラス機構>

 

荷重が距骨を介して足底に伝わり、足底腱膜が伸張ストレスを受けるが、

 

それを戻そうとする反力が働く。

 

そんな感じです。

 

では、内側縦アーチってよくいう「つぶれる」「アーチの低下」「偏平足」になると、

 

一体何が問題なのでしょうか?

 

考えていきましょう。

 

本来歩行周期でIC~LRの際は内側縦アーチは高さを保っている状態、言い換えるとST回外です。

 

 

そこから、荷重が片足に乗ってくるときに、内側縦アーチは重りが乗るわけですから低くなります。

 

これを言い換えると、ST回内です。

 

 

そして、最後蹴り出す時は再び内側縦アーチは高い状態となるわけです。

 

言い換えるとST回外。

 

 

 

では、このトラス機構が破綻するほどのアーチの低下があるとしましょう。

 

すべての骨がまっすぐになっている状態です。

 

この場合はさすがに、このトラス機構は使えません。

 

なので、荷重に対してのこのトラス機構での反力はもらう事ができません。

 

そうなると、本来のスムーズな歩行というのは、獲得しにくい状態となるわけです。

 

ようはこのトラス機構を使ってのいわゆる「バネ」は移動をスムーズにしてくれる大きな要因の一つです。

 

では、この場合内側縦アーチに高さをつくることは必要か?と問われたら、答えはイエスとなるわけです。

 

テーピングや、インソールで高さを作り出すことは対処方法としてはいいという事です。

 

ここで問いたいのは、すべてがそうではないので注意したいという事です。

 

もしかしたら僕たちは内側縦アーチというイメージが大まかになっているかもしれないという事です。

 

内側縦アーチ、最初にもお伝えしました。

 

踵骨・距骨・舟状骨・楔状骨・第1中足骨で構成されています。

 

そのため、このすべてを一つの塊としてみている方が多いのかもしれません。

 

たしかに建物のような構造は、柱と柱と柱でトラス構造を組み立てます。

 

その場合、一つの三角形をイメージすればいいでしょう。

 

しかし人を考えてみてください。

 

人はさんざんお伝えしているように、5つの骨と足底腱膜で構成しています。

 

3つの柱ではないのです。

 

頭で描いているイメージがもし一つだとすると、この問いはいつまでたっても答えに行きつきません。

 

具体的には、ぱっと見て内側縦アーチが低下している、つぶれている、扁平化していると見ても、

 

実は、扁平方向にいっているのは、第1中足骨と内側楔状骨だけかもしれません。

 

距舟関節やST関節では実は低下の方向へ向かっていないかもしれません。

 

低下していないという事は、アーチを単純に上げようとするとつぶれてもいないものを、さらにつぶれない方向へ行かせるわけですから、これはどんどん外側に荷重を持っていくことになるわけです。

 

内反捻挫をさせようとしているのと同じなわけです。

 

それにより、ずっと治らない痛みも出現する可能性があります。

 

その代表例が足底腱膜炎や足部の疲労骨折、変形性膝関節症かもしれません。

 

パット見て、内側縦アーチが全体的につぶれている。よし、内側を何かでサポートしよう!

 

を終わりにする時代が来ました。

 

どことどこがどうなっていて、だからここはこうしよう。

 

こっちは、そんなに可動域が無いから、ここは反対にアーチが低くなるほうへもっていこう。

 

こんな会話になる時代が来ました。

 

内側縦アーチ。

 

パット見て、全体的に内側をサポートしようではなくて、

 

リスフラン関節・楔舟関節・距舟関節・距骨下関節それぞれでどうなっているのか、

 

より細かく評価するように見直す時代が来たと思います。

 

 

 

ところで、

 

私たちは普段「スペシャリストセミナー」というものを開催しています。

いつも全国からたくさんの先生方にお集まりいただいております。

 

実は、この度「オンラインセミナー」を始めることになりました。

 

以前から、

「場所が遠くて、たくさん参加できない」

「受けたかったセミナーと日程が合わなかった」

などのご意見を頂いておりました。

 

そのようなご意見に対応できるよう、思い切って「オンラインでの配信をしよう!」ということになりました。

 

そして、その第一弾として、以前開催した「足底腱膜炎の診かたとアプローチ」のセミナー配信することになりました。

 

内容は、足底腱膜炎について評価とアプローチについてまとめた珍しいものになっています。

 

サンプル動画もありますので、ぜひ一度覗いてみてください➡ https://specialist-seminar.com/set/12

 

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】

Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そこからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界でも群を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンスアップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のPSw(プレスイング)...

  【ランチョロスアミーゴ方式:PSw(プレスイング)】 PSw(プレスイング) 始まり・・・反対側…

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節と偏平足

【リスフラン関節から偏平足をつなげる】 みなさんが想像する偏平足。   こんな足じゃないでしょうか?…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる

歩行時の足部

【基礎】歩行分析「足部」

【歩行分析の基礎 足部を見る】     まずは、分かりやすいところで、つま先の向きからです…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のIC(イニシャルコンタ...

【靴からイニシャルコンタクトを考える】      先日、このサイト内で紹介された記事「IC…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のIC(イニシャルコンタ...

  【ランチョロスアミーゴ方式:IC(イニシャルコンタクト)】   IC(イニシャルコンタ…

>詳しくみる
single-gaitanalysis