動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

足関節の背屈制限が骨盤の回旋を生み出す

【背屈制限をそのままにしていませんか?】

 

 

 

足関節の背屈制限。

 

臨床でよく耳にするフレーズだと思います。

 

「足首がかたい。」

 

これが歩行時にどんな影響があるのかを今日は話させていただきます。

 

仮に距腿関節の背屈制限の左右差があったとしたら、どうなるでしょうか?

 

背屈制限が強いほうが、歩行時のMSt後期からTStにかけてしっかりと下肢が伸展しにくくなるイメージはできるのではないでしょうか?

 

そうなると、そちらの下肢は屈曲相が優位となっていくでしょう。

 

下肢の屈曲相が優位となる場合、大殿筋などの機能がしっかりしていれば良いのですが、もしそうじゃないと

 

大腿四頭筋が優位となり、膝関節に対するストレスは強くなっていきます。

 

■こちらを先に読むと理解ができます↓

歩行時の骨盤

 

ということは、背屈制限による膝の痛みとつながるわけです。

 

もしこの膝を治したいと考えたときに、膝だけをずっと治療していてもそれは「再発」を遅らせているだけになります。

 

この時に、距腿関節の背屈制限にアプローチをするわけです。

 

そうすれば、下肢の伸展相が増え、逆側との関係がより均一に近くなっていきます。

 

この時の骨盤はどうなるでしょうか?

 

距腿関節の背屈制限が強い側の骨盤は、後方への回旋が不十分となります。

 

 

そうなると背屈制限側は前方に回旋するだけ。

 

ということは、歩行を診ればどちらが距腿関節の背屈制限があるのかを予測がつけられるという事です。

 

 

 

例えば、陸上の中・長距離選手の右膝の痛みの話をしましょう。

 

多くの選手が、トラックを走るように練習をするために、右の骨盤が前方回旋しています。

 

(もちろん反対の選手もいます。)

 

その理由は、外側になる足を内側よりも前に出さないといけないわけですから、どうしても左よりも右のほうが出てくるわけです。

 

そして、遠心力も働き、外側に荷重が乗っていきます。

 

外側に荷重がかかるこのパターンの多くは、ST関節は回外方向へ行きやすくなり、そこから下腿はSTと連動して外旋します。

 

■ST関節の回外を理解したい方はこちらをぜひ↓

距骨下関節の回外は踵骨回外、距骨外旋・背屈

距骨下関節の回内は踵骨回内、距骨内旋・底屈

 

 

この観点からも距腿関節は背屈しにくい状態が生まれます。

 

先ほども話したように、右の下肢は伸展相よりも屈曲相が多くなるわけですから、大腿四頭筋の負荷は増え、膝の痛みとつながりやすいわけです。

 

この場合に背屈制限を変えることをやってみると、下肢の伸展相が出はじめ骨盤の後方への回旋が出てくるため、骨盤の回旋差が無くなっていきます。

 

結局トラックでの練習を続ければ同じでしょ?と言われそうですが、ここに上半身の重心を左に移動しやすいようにするなどの、ほかのアプローチを考えれば、右の骨盤ばかりが前方に出てくることは無くすことが可能です。

 

上半身の重心の話はこちら↓

胸郭と左右のブレとアライメント1

胸郭と左右のブレとアライメント2

胸郭と左右のブレとアライメント3

 

 

すこしややこしい話かもしれませんが、骨盤の動きと距腿関節の背屈制限はつながっていることがわかっていただければと思います。

 

ちなみに、歩行もランニングも「骨盤の回旋に対して、胸郭の回旋は逆になる」でしたから、例えば右腕が後方ばかりに引いて歩いている、もしくはランニングしている人がいれば、それだけで右の距腿関節は背屈制限があるかも・・・と考えることも可能だと思います。

 

 

■腕振りについてはこちら↓

胸郭と歩行

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

【扁平足が原因で起こる足底腱膜...

【扁平足が原因で起こる足底腱膜炎やシンスプリントと歩行の関係について】     足部内側縦アーチの過…

>詳しくみる
内側縦アーチについて

歩行時の足部

【シンスプリントと距骨下関節回...

みなさんシンスプリントの痛みが改善せず悩んでいませんか?     私たちの治療院にくる患者さんは多くの場合、何…

>詳しくみる

歩行時の足部

【初回足関節捻挫とアスリハにつ...

【初回足関節捻挫とアスリハについて】   今回は初回足関節捻挫とアスリハについてです。   まず最初…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行動作における足関節背屈制限...

【歩行動作における足関節背屈制限が与える影響について】   足関節背屈制限は臨床上目にすることが多いのではない…

>詳しくみる

歩行時の足部

成長期の踵の痛みと歩行について

【成長期の踵の痛みと歩行について】   治療やスポーツに携わっている先生なら一度は 成長期の踵痛に出会ったこと…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

【重要なお知らせ】セミナーにつ...

【セミナーについて】   みなさんこんにちは。   セミナー事務局の髙木慎一と申します。 …

>詳しくみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる
内側縦アーチ 

歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】       内側縦アーチ。 &n…

>詳しくみる
single-gaitanalysis