動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

距骨下関節とショパール関節

ここでの足部は、足関節から遠位についてお話します。

距腿関節が底背屈を行う関節として重要ではありますが、それとは別にとてもとても重要となる距骨下関節・ショパール関節(横足根関節)の話をしていきたいと思います。

距骨下関節の基本については、サイト内の「距骨下関節の基礎」をご覧ください。
こちら→「距骨下関節の基礎」

歩行時、距骨下関節はICの際に回外位で接地し、そこから体重負荷に伴い回内し、再び地面を蹴り出すために回外します。
この時、回内では足部が可動性のあるものになり、回外では骨格構造が強固なものに変化します。これについて深く考えていきましょう。

始めに、距骨下関節回内・回外時に、一つ遠位の関節たちはどうなっているのか?
というお話からです。
一つ遠位の関節はショパール関節です。ここでは、その中でも踵立方関節と距舟関節に分けて考えていきます。

まずは、踵立方関節のとても大切なお話です。

踵骨と立方骨で構成されるこの関節。距骨下関節が回外(踵骨が回外)した時、
それにつられて、立方骨も回外するのか?

答えは、、、しません。

その真逆の回内をします。これは大きなポイントです。正確には、立方骨が止まっていて、踵骨が動く、というイメージの方が近いかもしれません。
この踵の回外位と立方骨の回内位が「締り」の位置になり、骨性のロック状態を生み出します。
これにより、外側縦アーチは安定し、前足部へのスムーズな体重移動を助けます。これがないと前方への体重移動はスムーズな軌道にはならないという事です。

では、距骨下関節が回内した時の踵立方関節はどうでしょう。

踵立方関節は、距骨下関節回外の時と逆の動きになるわけです。
つまり、踵の回内に対して立方骨は回外。これは骨性ロックが外れる位置です。

それでは、もう一つの距舟関節はどうでしょうか。

距骨下関節回外位の時は、舟状骨の中に距骨頭は隠れようとします。この時の距骨は背屈・外転でした。極端に言うと、立方骨の上に舟状骨が乗ってきている状態ともいえます。
この際、距骨と舟状骨自体が骨性にロックするようなことはないのですが、それぞれの位置関係において、踵立方関節の軸と距舟関節の軸は交差します。交差することで各関節同士の自由な動きが制限されます。これにより足部が強固な状態になり、地面からの反力を逃がさないようにするわけです。

<図:距骨下関節の回外時踵立方と距舟関節の二つの関節軸は交差>

反対に距骨下関節回内位では、距骨は底屈・内転するので、恥ずかしそ~に舟状骨の後ろにいたのに、急に前に出てきます。
そうなると、立方骨と舟状骨の位置関係も変わり、、、(単純に横に並ぶと思ってください。)
先ほどは縦。今は横の関係です。ピンと来た人はいるでしょうか?

そうです、先ほどの2つの軸。交差していた軸です。これが隣り同士平行に並ぶんです。平行になることでお互いに邪魔をせず、同じ方向へ自由に動けるように解放されます。これにより足部は柔軟になるわけです。

<図:距骨下関節の回内時踵立方と距舟関節の二つの関節軸は平行>

この差がいったい何を生むのか?

それは、膝関節にかかる負担が大きく変化する、ということです。

なんとなくアーチが落ちている人は足部が柔らかくないですか?
実は、「なんとなく」ではなく、これが本当の理由なんです。

距骨下関節回外位では足部が強固になり、距骨下関節回内位では、足部が柔軟になります。

これらを歩行の各相と照らし合わせ、どの相の時に、各関節、あるいは足部がどのようになっているべきか、を考えないといけませんね。

とりあえず、押さえておきたい距骨下関節とショパール関節のお話でした。

この記事の内容に関連するもう一つのヒント、距骨下関節とWindlass機構(ウィンドラス機構)についてはこちら→ 「距骨下関節とWindlass機構」

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる
内側縦アーチ 

歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】       内側縦アーチ。 &n…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のPSw(プレスイング)...

  【ランチョロスアミーゴ方式:PSw(プレスイング)】 PSw(プレスイング) 始まり・・・反対側…

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節と偏平足

【リスフラン関節から偏平足をつなげる】 みなさんが想像する偏平足。   こんな足じゃないでしょうか?…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる

歩行時の足部

【基礎】歩行分析「足部」

【歩行分析の基礎 足部を見る】     まずは、分かりやすいところで、つま先の向きからです…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のIC(イニシャルコンタ...

【靴からイニシャルコンタクトを考える】      先日、このサイト内で紹介された記事「IC…

>詳しくみる
single-gaitanalysis