動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

距骨下関節とショパール関節

ここでの足部は、足関節から遠位についてお話します。

 

距腿関節が底背屈を行う関節として重要ではありますが、

それとは別に、とてもとても重要となる

 

「距骨下関節」・「ショパール関節(横足根関節)」の話をしていきたいと思います。

 

*距骨下関節の基本については、サイト内の「距骨下関節の基礎」をご覧ください。
こちら→「距骨下関節の基礎」

 

 

歩行時、距骨下関節はICの際に回外位で接地し、そこから体重負荷に伴い回内し、再び地面を蹴り出すために回外します。

この時、回内では足部が可動性のあるものになり、回外では骨格構造が強固なものに変化します。

 

これについて深く考えていきましょう。

 

始めに、距骨下関節回内・回外時に、一つ遠位の関節たちはどうなっているのか?

というお話からです。

一つ遠位の関節はショパール関節です。

 

ここでは、その中でも踵立方関節と距舟関節に分けて考えていきます。

 

まずは、踵立方関節のとても大切なお話です。

 

踵骨と立方骨で構成されるこの関節。

距骨下関節が回外(踵骨が回外)した時、

それにつられて、立方骨も回外するのか?

 

答えは、、、しません。

 

その真逆の回内をします。これは大きなポイントです。

 

正確には、立方骨が止まっていて、踵骨が動く、というイメージの方が近いかもしれません。

この踵の回外位と立方骨の回内位が「締り」の位置になり、骨性のロック状態を生み出します。

これにより、外側縦アーチは安定し、前足部へのスムーズな体重移動を助けます。

 

これがないと前方への体重移動はスムーズな軌道にはならないという事です。

 

では、距骨下関節が回内した時の踵立方関節はどうでしょう。

 

踵立方関節は、距骨下関節回外の時と逆の動きになるわけです。

 

つまり、踵の回内に対して立方骨は回外。これは骨性ロックが外れる位置です。

 

それでは、もう一つの距舟関節はどうでしょうか。

 

距骨下関節回外位の時は、舟状骨の中に距骨頭は隠れようとします。

この時の距骨は背屈・外転でした。

 

極端に言うと、立方骨の上に舟状骨が乗ってきている状態ともいえます。

この際、距骨と舟状骨自体が骨性にロックするようなことはないのですが、

それぞれの位置関係において、踵立方関節の軸と距舟関節の軸は交差します。

交差することで各関節同士の自由な動きが制限されます。

これにより足部が強固な状態になり、地面からの反力を逃がさないようにするわけです。

<図:距骨下関節の回外時踵立方と距舟関節の二つの関節軸は交差>

反対に距骨下関節回内位では、距骨は底屈・内転するので、

恥ずかしそ~に舟状骨の後ろにいたのに、急に前に出てきます。

そうなると、立方骨と舟状骨の位置関係も変わり、、、(単純に横に並ぶと思ってください。)

先ほどは縦。今は横の関係です。

 

ピンと来た方はいるでしょうか?

そうです、先ほどの2つの軸。

交差していた軸です。これが隣り同士平行に並ぶんです。

平行になることでお互いに邪魔をせず、同じ方向へ自由に動けるように解放されます。

 

これにより足部は柔軟になるわけです。

<図:距骨下関節の回内時踵立方と距舟関節の二つの関節軸は平行>

この差がいったい何を生むのか?

それは、膝関節にかかる負担が大きく変化する、ということです。

 

なんとなくアーチが落ちている人は足部が柔らかくないですか?

 

実は、「なんとなく」ではなく、これが本当の理由なんです。

 

距骨下関節回外位では足部が強固になり、距骨下関節回内位では、足部が柔軟になります。

 

これらを歩行の各相と照らし合わせ、どの相の時に、各関節、あるいは足部がどのようになっているべきか、

を考えないといけませんね。

 

とりあえず、押さえておきたい距骨下関節とショパール関節のお話でした。

 

この記事の内容に関連するもう一つのヒント、距骨下関節とWindlass機構(ウィンドラス機構)についてはこちら→ 「距骨下関節とWindlass機構」

 

 

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

足関節背屈制限の原因、ショパー...

  今回は、ショパール関節が原因で起こる足関節背屈制限について書いていきます。   足関節(距腿関節…

>詳しくみる

歩行時の膝関節

「足関節背屈制限から考えるKnee...

「足関節背屈制限から考えるKnee-in現象と膝傷害についての解釈」   スポーツ現場や治療現場にお…

>詳しくみる

歩行時の足部

腸脛靭帯炎と足部のつながりにつ...

【腸脛靭帯炎と足部のつながりについて】        腸脛靭帯炎。別名ランナーズニー。  …

>詳しくみる

歩行時の足部

足関節背屈制限を例に支持モーメ...

  この記事をご覧の先生方は日々の治療の中で歩行分析を行っている方が多いかと思います。  …

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節の影響によって起...

    リスフラン関節の評価をしたことはありますか? リスフラン関節の影響で、扁平足やハイ…

>詳しくみる

歩行時の足部

【歩行における外反母趾とswayba...

【歩行における外反母趾とswaybackの関連】           …

>詳しくみる

歩行時の足部

【膝の痛みと足関節背屈制限につ...

【膝の痛みと足関節背屈制限について】 治療をしている中で、しゃがみこみや階段の下りや上りで膝の痛みを訴える方は…

>詳しくみる

歩行時の足部

【歩行時のMP関節の動き】

【歩行時のMP関節の動き】            …

>詳しくみる
single-gaitanalysis