動作分析と治療マネジメント小冊子プレゼント!! K1セミナーのお申し込みK2〜セミナーのお申し込み
メニューボタン
歩行時の足部

CKCでの距骨下関節のイメージ

【距骨下関節回内は立位でどうなるのか?】

 

 

距骨下関節回内は距骨の内旋・底屈が行われる動きでした。

 

みなさんそれはわかっていると思います。

 

まだ理解に苦しむ方がいたら、一度こちらを見てください。↓

距骨下関節の基礎

 

これはあくまで荷重時CKCでの話だという事をもう一度理解しなくてはいけません。

 

当たり前の話ではありますが、もう一度考えることでより深く物事を考えられるようになると思います。

 

OKCでの距骨下関節は、脛骨と腓骨で構成されるほぞ穴に距骨ははまり込んでいるため、

 

距骨が先ほど話したような内旋・底屈するのはあまりイメージとマッチしないかもしれません。

 

この場合は、距骨に対して踵骨が回内するといったほうがわかりやすいのではないでしょうか。

 

距骨はほぞ穴の中で回内・回外は形状的に起こりにくいといえるでしょう。

 

じゃあ、立位はどうでしょうか?

 

立位は床に足底が接地しています。今度は踵骨が固定されているわけです。

 

この上に載っている距骨が動きやすい環境と言えます。

 

この踵骨の上を距骨が内旋・底屈するイメージだったらしやすいのではないでしょうか?

 

踵骨の上を距骨が内旋すると、ほぞ穴ではまっている距骨とセットの下腿も内旋

 

距骨が踵骨から滑り落ちようと底屈すれば、基本的には下腿も前傾

 

これに関してはいろんなパターンがあるので絶対ではありませんが。

 

じゃあ、踵骨は全く動かないか?といったらそうではなくて、あの形ですから、

 

回内・回外はCKCでもできるわけなので、踵骨も回内します。

 

もし内旋や外旋を荷重時にするかと言ったら、それは地面と摩擦の関係もあるのでしにくいでしょう。

 

この踵骨の回内があるからこそ、距骨はより内旋・底屈が起こりやすいとも言えます。

 

足を宙に浮かした状態での前額面上での回内・回外は距骨に対して踵骨が動き、

地面に着いた状態での回内・回外は、踵骨の回内・回外とともにその上を距骨が動き、下腿も一緒についてくる。

 

このイメージができていると、歩行時の遊脚相と立脚相では違う事が起きているという事が考えられるようになります。

 

例えば、遊脚相で距骨下関節回外していれば、下腿と距骨に対して踵骨が回外しているなとイメージでき、

 

そこからICからLRで距骨下関節が回内したら、踵骨も回内、その上の距骨は内旋・底屈、それと同時に下腿は内旋となるわけです。

 

歩行用語が苦手な方はこちら↓

歩行各相と用語

 

当たり前のことを言っていますが、意外と考えれていないことなので、必要ですね。

 

シンプルなことほど大切だと思います。

 

 

髙木慎一(たかぎしんいち)【柔道整復師】
Athlete Village浜松代表

アライメント・姿勢・歩行動作を総合的に分析し、その方に必要な筋力強化、そ こからアスリートのパフォーマンスアップまでを組み立てる力は、業界 でも群 を抜いている。
クライアントはパフォーマンスを上げたい小学2年生から、膝の痛みを根本から 取りたい92歳まで、一人ひとりの目標に合わせ幅広く対応。動きの中 から痛 みの原因を探り、それを解決し、アスリートには動きの中からパフォーマンス アップに必要な問題点を改善する。その腕を信じ、県外からもクラ イアントが 多数訪れる。

この記事が役に立ったら、ぜひシェアをお願いします!
同じカテゴリーの記事をみる

歩行時の足部

スリッパとオリジナルルームシュ...

目次1 足部を固定したい人というと、土踏まずがない偏平足の方はそれに当てはまります。2 スリッパよりもRS-1…

>詳しくみる
内側縦アーチ 

歩行時の足部

内側縦アーチについて

【アーチが落ちていれば、アーチを上げるのか?】       内側縦アーチ。 &n…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のPSw(プレスイング)...

  【ランチョロスアミーゴ方式:PSw(プレスイング)】 PSw(プレスイング) 始まり・・・反対側…

>詳しくみる

歩行時の足部

リスフラン関節と偏平足

【リスフラン関節から偏平足をつなげる】 みなさんが想像する偏平足。   こんな足じゃないでしょうか?…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

流行りと、結局自分と。

【流されているのか、流れてきたのか】   僕がこの業界に入り見てきた景色は、   15年以…

>詳しくみる

歩行時の上半身・胸郭

「答え」を手に入れるために「考...

【答えを手に入れるために考え方を学ぶ】     こんにちは。   今日はあまりこ…

>詳しくみる

歩行時の足部

【基礎】歩行分析「足部」

【歩行分析の基礎 足部を見る】     まずは、分かりやすいところで、つま先の向きからです…

>詳しくみる

歩行時の足部

歩行周期のIC(イニシャルコンタ...

【靴からイニシャルコンタクトを考える】      先日、このサイト内で紹介された記事「IC…

>詳しくみる
single-gaitanalysis